無題

妄想性障害の事、性同一性障害(FTX)の事、徒然なるままに…

昔アルバイトで

軟禁されかかった事がある。


そこは、ファーストフードの椅子を作っている所で、私の仕事は、布(表面はビニール製などで丈夫なもの)を社長が書いた支持図通りに、なるべく無駄が無いように切っていく作業だった。
私は、図形を書いたり、その組み合わせを考えたりするのは得意な方だったので、この仕事はすごく好きだった。


世にある仕事のうちで、苦手な事の多い私には、珍しく向く仕事だった。


ところが、当時30代前半くらいだったと思われる社長(といっても、家族ぐるみで代々この仕事をやっている感じの家で、一台で一から起業した訳ではなさそうだったが)は、アルバイトに来ている女性の中からお嫁さんを探そうとしていた様子で、当時20歳そこそこだった私は、最初のうちこそ、仕事が楽しくてしょうがなかったものの、社長のキモさが次第に苦痛になって来たのであった。


最初入った時には、私以外にも2人ほど女性がいたが、私が一番無駄なく正確に布を切れるのと、他の女性たちは外国人で言葉も片言だったからだろう、工場の移転に伴い、他の女性はリストラされてしまったのである。
その工場(と言ってもごくごく小さなスペースだが)に社長と二人っきりになり、社長の態度が日増しにキモく、馴れ馴れしくなって行った。



私はなるべく社長に引かれるように、毎日奇抜な格好で職場に通った。


そんなある日、工場の移転が一段落した頃、今度は社長自身の部屋も引っ越すから「手伝って欲しい」と言われ、車でマンションの一室に移動、「しばらくここで電話番をしていて欲しい。」と、中にいれられたまま外からカギをかけられた。


そして、しばらくして、社長が戻って来た。
手に弁当を持ち、「お腹が空いたでしょう。ご飯を買って来たから一緒に食べようね。」と言って、中に入ろうとした。



私は、社長を押しのけ、外に出ると猛ダッシュで逃げた。
まだ、何日分か給料が貰っていなかったが、もうここはごめんだ、と思った。



今だったら、労働基準局に相談に行って、給料はもらうとか、仕事は仕事のみ続けさせてもらって、仕事に来た人の中からお嫁さんを探すという発想は止めるよう注意してもらうとか、色々したと思う。
まぁ、今の私の年ではそもそもそんな事は起こらないが。



でも、当時はそんな知恵も無く、逃げるだけで精一杯だったなぁ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。